外壁塗装に必要とされる下地について


外壁塗装に必要とされる下地について

住宅の外壁と言うのは、太陽の紫外線や熱、そして雨や風に常に晒される状態になります。
壁というのは、建物の一番外側であり、壁がある事で建物内部を守れるのです。


壁は、自然の猛威により老朽化することになり、酷い場合はひび割れが起きたりして、そこから雨水が浸入し、建物内部の建材を腐食させる結果に繋げてしまいます。

また、雨水が内部に浸入する事で、室内に湿気がはびこり、その結果カビが発生する可能性も高くなるのです。

あなたのご要望に応える 不動産業者の方へ │ マイランド 中古住宅の総合ポータルサイト の専門サイトのこちらです。

ひび割れが起きた場合は、そこを修復する事で雨水の浸入を防止する事が可能ですが、小さな穴などが壁に無数にあいている状態は、中々肉眼で確認する事は難しいものです。

そのため、定期的な外壁塗装が必要になるのです。



外壁塗装を行う事で、壁の表面には塗料の膜が形成され、その膜が太陽の紫外線や雨と言った自然の猛威から壁を守り、建物を守る役割をしてくれるのです。


外壁塗装では、この塗料の膜というものを壁の上に作り出す事が大切であり、塗料の膜が厚すぎると塗料が剥がれ落ちるなどの原因になります。また、外壁塗装では、この塗料の膜がしっかりと付くように下地調整を行う必要があるのです。
下地調整と言うのは、外壁におけるメンテナンスであり、表面を綺麗にする事で、1度目の塗料が接着剤の役割になり、2度目以降の塗料をしっかりと付けてくれて、塗料の膜を形成する事が可能になるのです。

そのため、外壁塗装では、外壁の洗浄やメンテナンス、そして塗装の技術が必要となるのです。